カテゴリー
森羅 日本語記事

『初音ミクの消失』に関するプチ考察

『初音ミクの消失』はボカロ曲と出会って8年間で一番多く聞いたり、歌ったりしてる曲です。この曲は僕の成長と伴っていくつかの月日を経った。今でも、あの「信じたものは、都合のいい妄想を繰り返し映し出す鏡」は僕のサブ座右の銘的な存在担ってるんだ。

日本語能力はまだまだなので、お見苦しいところは申し訳ありません。もし良ければコメント欄でご指摘いただければ幸いです。

確かに、僕は初めてボカロ曲と出会ったのは Google Chrome と初音ミクのコラボ CM の頃です。

Google Chrome と初音ミクのコラボ CM、曲は livetune (kz) さんの『Tell your world』

この曲を聴いてすぐにボカロにハマってって、歌を覚えようになった。CMサイズの『Tell your world』の歌詞は五行くらいしかないので、当時ひらがなとカタカナしか読めない僕には、読み仮名つきの歌詞でさっさと覚えた。そのあと、フルサイズの歌を覚えたり英語のカバー曲を歌ったりとかしてから、「次は何にしよう」と思った僕には、ふっと CM のこの画面に気がづいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*